ニートは体を動かそう!仕事をする為の体力と持久力をつけるコツとは?

ニートは体を動かそう!仕事をする為の体力と持久力をつけるコツとは?

 

ニート生活が長いと確実に体力が落ちている

鍛えるのは体力と持久力

仕事をするには、例え事務仕事であっても体力を使います。さらに立ち仕事となれば一日中立っていなくてならず、持久力も鍛えておく必要があると言えるでしょう。

どんな仕事にも体力・持久力は必要不可欠

通勤で疲れない体力

みなさん意外と気付いていないのが通勤です。都市部で仕事をする場合必ずあるのが電車での通勤。電車が混み座れない何当たり前。その為、満員電車で1時間程度、帰りも考えると約2時間立ちっぱなしの状況で疲れない体力が必要となります。

 

勤務時間を乗り切る持久力

通常の事務仕事でもフロア内を動くと言うことは意外と疲れるもの。その為、勤務時間の8時間は疲れない持久力が必要となります。

 

体力と持久力は絶対に役に立つ

その為の身体作りは、就職後に絶対役立ちますので、社会復帰と就職を考える人は適度な運動をして体力と持久力をつけておきましょう。

ニートが体力と持久力をつけるには?

さて、ここでは体力と持久力をつける、取り戻す方法を解説していきましょう。いきなり激しい運動をしても三日坊主で終わってしまう可能性がありますので、まず軽い運動から徐々に行うのがポイントです。

 

散歩

家に閉じこもりがちだった人は、まず散歩から始めて見ましょう。いきなり激しい運動をしても三日坊主では意味がありません。最初はリハビリのつもりで散歩から始めてみましょう。

 

ウォーキング

散歩に慣れてきたら、少し遠出のつもりでウォーキングして見ましょう。散歩の時は服装などは気にしないで大丈夫でしたが、ウォーキングでは最低限スポーツシューズを履きましょう。目的地を定め、なるべく早足にするのがコツです。

 

ランニング

ウォーキングより本格的な運動がランニング。朝や夕方などに決まったルートを走って体力作りをしていきましょう。

 

水泳

近くに屋内プールなどがある場合は水泳も非常に有効。中々近くに施設がないと言う人は仕方がありませんが、一年中使える屋内プールで水泳は体力持久力アップには最適です。水泳は手足は勿論、全身を使う運動です。

 

ニート生活で体重が増えてしまった人などは、お腹の引き締めにも使えますので、気軽に利用出来る屋内プールがある場合は利用してみましょう。

サイト内カテゴリー

ニートは体を動かそう!仕事をする為の体力と持久力をつけるコツとは? ニートは体を動かそう!仕事をする為の体力と持久力をつけるコツとは? ニートは体を動かそう!仕事をする為の体力と持久力をつけるコツとは?